直焦点化の得失は
直焦点化改造をしたEX-FC150(以下MkIIと記載)はレンズ・レンズシャッター・絞り等を外してしまっていますので出来なくなった事はもちろん色々とありますがメリットの方が大きいと思います これはメリットの一例ですが、十円玉をレンズの先端から70cmほど先において撮っています レンズは安価なTamron 70-300mm F4-5.6 LD Tele Macroです 望遠マクロを使ってここまで大きく撮るのはコリメーションでは容易ではないと思います 昆虫でも撮ると良さそうですが問題は被写界深度でしょうか
c0002621_1621462.jpg

同じレンズをEOS7Dに付けて撮ったものです このAPS-Cと↑の画角の違いの大きさには驚かされます
c0002621_16215114.jpg

こちらは同じ十円玉ではありませんがEX-FC150MkIIにTamron SP90F2.8 AF Macro を付けて撮りました レンズ先端から数cmです
c0002621_16215865.jpg

コリメーションの欠点として解像度をMTFでチェックするとセンターが良好でピーキーな特性を示すのが普通です このチャートはEX-FC150MkII+Nikkor AF ED300F4で撮った画像の水平方向と垂直方向の解像度を六十点測定した結果ですが実にフラットな特性になっています 歪がちょっと目立ちますが↓をご覧いただけばわかるようにコリメーションでも大きな差はありません
c0002621_17312492.jpg

EX-FC150MkII+AF300F4 EDの画像です 重量も価格もまるで違う機材を使用した↓の画像に比べ周辺部の流れはこちらのほうが少ないと思いますし勝るとも劣らないのでは 直焦点化ではAFの利き代も大差なくデメリットは露出のマニュアル調整が要る時があることくらいです
c0002621_1623449.jpg

EX-FC150+ED500F4P+50xWDS相当です
c0002621_16231359.jpg

[PR]
by benjamin-h | 2010-02-07 17:06 | デジカメ


<< 新宿御苑へ 冬景色 >>